診療のご案内
  • icn_stethoscope

    新発田病院と病診連携

    病状に応じて迅速に適切な病院へのご紹介が可能です。特に地域医療の中核である新発田病院とは隣接しており、密に連携しています。

  • icn_lung

    総合内科専門医

    体調に違和感がありましたら、まずはご来院ください。内科全般を診察します。また、生活習慣病の改善にも力を入れています。

  • 呼吸器専門医

    息切れ、咳・痰、いびきや睡眠時無呼吸症候群の検査・治療などを行います。またアレルギー疾患に対する診療も行います。

内科

  • 風邪・インフルエンザ・頭痛・腹痛

    風邪・インフルエンザ・頭痛・腹痛

    当院では流行の風邪はもちろん、頭痛や腹痛まで幅広く内科全般を診察します。当院の最大の特徴は新発田病院との密な連携ですので、もしも専門外の治療が必要となった場合でも心配ありません。それぞれの患者さんが最適な治療を受けられるようサポートします。

  • 生活習慣病の予防と治療

    生活習慣病の予防と治療

    改善しなければいけないと分かってはいるものの、ついつい後回しになってしまうのが厄介なところです。当院では、患者さんがモチベーションを保てるように工夫しながら、二人三脚で改善を目指します。当院では血圧を測るような感覚で、血管年齢を測定できる「血圧脈波装置」を導入。分かりやすい数値を見ることで、改善意欲を保つことができます。

  • 禁煙外来

    禁煙外来

    タバコがやめにくい原因はニコチン依存症の存在であり、立派な病気で医師による診察や治療も重要です。当院では、患者さん一人ひとりのお話を十分にお伺いした上で、その方に合わせた治療方法についての助言を行うことで成功率の向上に努めています。
    詳しくはこちらをご覧ください

呼吸器内科・アレルギー科

そもそも呼吸器内科って?

呼吸器内科はその名の通り、呼吸器に関連する症状を得意とする内科です。
具体的には、鼻や口から吸い込んだ酸素を肺で体内に取り込み、逆に不要となった二酸化炭素を排出するまでの一連の動作に関わる器官を言います。そのため、とりわけ体内の有害物質やウイルスなどに影響を受けるリスクが高い器官で、このことから呼吸器内科はアレルギー科と密接な関係にあると言えます。また、呼吸器はその他の臓器とも広く密接に関連しているので、診察にはさまざまな視野から症状を診ることが必要となります。

  • レントゲン検査で異常とされた場合の精密検査

    レントゲン検査で異常とされた場合の精密検査

    健康診断や人間ドック、住民健診での胸部レントゲン検査で「要精密検査」と診断された場合の精密検査も行っております。呼吸器専門医だからできる丁寧な検査、ご説明を心がけています。

  • 咳が止まらない、痰がからむ

    咳が止まらない、痰がからむ

    「風邪が治っても咳だけが止まらない」「最近妙に痰がからむ」・・・これらの症状、医者に診てもらうまでもない、なんて放置していませんか?ささいな症状が怖い病気のサインかもしれません。違和感があったらお気軽にご来院ください。呼吸器専門医がしっかり診察、治療をいたします。

  • 睡眠時無呼吸症候群

    睡眠時無呼吸症候群

    「寝ている時に呼吸が止まっている」「いびきがひどい」などと周囲の人から指摘されたことはありませんか?最近よく耳にする睡眠時無呼吸症候群かもしれません。TVなどでもご存知の通り、体調にさまざまな悪影響を及ぼすこともある怖い病気です。気になる方はまずご相談ください。

  • 喘息(ぜんそく)

    喘息(ぜんそく)

    近年患者が増加している喘息(ぜんそく)。大気汚染やアレルゲンとなる化学物質の増加、職場での過労やストレスなど、現代人は喘息と隣り合わせの生活をしています。咳や痰、息苦しさや「ゼーゼー」「ヒューヒュー」音がするなど、症状はさまざまです。自覚症状がある方は悪化する前にお早目に受診することをおすすめします。
    当院では簡単かつ迅速に喘息を診断できる「呼気NO濃度測定器」を導入し、患者さんに負担の少ない診療を提供します。

  • 花粉症・アレルギー性鼻炎

    花粉症・アレルギー性鼻炎

    毎年やってくるつらい花粉症や、ハウスダストなどから引き起こされるアレルギー性鼻炎。これら不快な症状から抜け出す為にはアレルギー科を受診して、しっかりと原因を突き止め、それぞれの原因に合った治療を行うことが肝心です。

  • 舌下免疫療法

    舌下免疫療法

    スギ花粉症の新しい治療法として健康保険が適用となり、注目を集める舌下免疫療法。従来の治療法に比べ、通院回数を減らせる、注射による痛みがないなどさまざまなメリットがあります。治療にはいくつか条件がございますので、ご希望の方はまずお気軽にご相談ください。
    舌下免疫療法についてより詳しく知りたい方は、下記のバナーをクリックしてください。
    鳥居薬局のアレルゲン免疫療法

呼吸器の病気!?「息切れ」してませんか?

健康な人でも走ったり山登りをしたりといった強い運動をすると、当然「息切れ」を感じます。ただし、これが「坂道を上る」「階段を上がる」など、ちょっとした運動でも息切れするようであれば話は変わってくるかもしれません。
• 平地を急ぎ足で移動していて息切れする
• 緩やかな坂を歩いて上っていて息切れする
• 平地を自分のペースで歩いているのに息継ぎのために休む

これらの経験がある方は一度ご相談されることをおすすめします。もしかすると慢性閉塞性肺疾患(COPD)をはじめとした呼吸器疾患、心疾患や血液疾患、神経筋疾患や精神的疾患など多くの可能性が考えられるため注意が必要です。

 

禁煙外来

禁煙外来では、「ニコチン依存症」という病気として捉え、保険適 用にて必要な治療を行ないます。禁煙プログラムに従った生活改善や内服薬「チャンピックス」、貼付剤「ニコチネル TTS」を用いて皆様の禁煙をサポートいたします。下記の4項目を全て満たしている方は健康保険等※の適用対象となりますので、詳しくはお問い合わせください。また、適用対象外となった方でも自由診療での受診が可能です。お気軽にご相談ください。
※ 健康保険等とは、公的医療保険のことで、組合管掌健康保険、全国健康保険協会管掌健康保険、船員保険、各種共済組合管掌健康保険、国民健康保険等を指しています。

  • no-smoking_01
  • no-smoking_03
  • no-smoking_04

ニコチン依存症を判定するテスト(TDS)はこちらから
禁煙外来の受診をご希望の方は、上記リンクより用紙をダウンロードし、当てはまる項目にチェックを入れてください。受診の際にお持ちいただくと診察がよりスムーズに行えます。

たばこ代と禁煙治療費、どっちが高い?

タバコ代と禁煙治療費どっちが高い?禁煙治療費(自己負担3割として)は、処方される薬にもよりますが8~12週間で13,000円~20,000円程度※2です。1日1箱喫煙する方なら、8~12週間分のタバコ代より保険診療で禁煙治療を受けた場合の自己負担額のほうが安くなる計算になります。(詳しくはお問い合わせください)
処方されるお薬の種類は、患者さんによって異なります。

※1:1日1箱吸う人を想定しています(1日430円換算)
※2:「日本循環器学会、日本肺癌学会、日本癌学会、日本呼吸器学会:禁煙治療のための標準手順書第6版:2014」に記載されている健康保険等で禁煙治療のみを行った場合の自己負担額(3割負担として13,080円~19,660円)に基づいています。【出展:ファイザー株式会社】

禁煙外来について詳しくはこちらをご覧ください→ すぐ禁煙.jp(ファイザー)

禁煙治療薬
ファイザー チャンピックス 約19,000円〜(保険適用時自己負担3割として)
ノバルティスファーマ ニコチネルTTS 約13,000円〜(保険適用時自己負担3割として)

よろず相談

医療・介護の無料よろず相談

毎週水曜日 午前9:00〜11:00当院では、医療・介護のなんでも相談外来をしております。専門の相談員(看護師)が担当いたします。
• 家庭内の看護や介護に関すること
• 病気や健康上の心配ごと
• 医療機関のかかり方や疑問 など

ご予約が必要です。お気軽にお電話ください!

PAGE TOP